謝りたい

何かを間違ったり、やるといったことができなかったりして、誤りたくなることはありますね。ここではそう言った表現を見ていきます。

すみません

すごく基本的な表現ですが、誤るときに使うのは次の表現です。

I'm sorry.
すみません。

中学でも習う表現ですが、ビジネスの場でもそのまま使えます。何の件で誤っているか付け加えることもあります。 "I'm sorry for ~" を使えば、すでに起きてしまったことに対して謝るときに使います。

I'm sorry I'm late.
遅れてすみません。
I’m sorry for my mistake.
間違ってしまいすみません
I’m sorry for the inconvenience.
ご不便をおかけしてすみません

また、 "I'm sorry to 動詞の原形" なら、これから起こることに対して謝るときに使うことができます。

I'm sorry to bother you.
ご迷惑をおかけしてすみません。
I'm sorry to interrupt you.
お話し中すみません

謝る気持ちが強い場合は、 "I'm so sorry." や "I'm very sorry." という表現も使えます。

シェアしてください!